Accessibility

島田市立伊久美小学校WEBサイトです

HOME学校案内学校へのアクセス

学校へのアクセス

本校の創立は、明治7年の小川の楽山舎開設に始まり、その後数々の変遷を経て、昭和60年、現在地に新校舎が完成しました。その間、昭和35年の大集中豪雨による校舎流失、昭和50年の伊久美教育100年祭の式典挙行、昭和58年の文部省指定のへき地教育研究発表会など、数多くの歴史が刻まれています。 本校の校舎は、児童の交流・学習の場としての環境設定、山の学校としての環境設定、地域と交流の場としての環境設定の3点の基本構想のもとに建設されたもので、いわゆるオープンスクールの校舎建築です。校舎内には、ワークスペース・多目的ホール・暖炉等があり、学習方法の多様化を目指した造りとなっています。また、山間地の学校とは思えない広い校地を有し、1周200mのトラックがとれる運動場や動植物を育てる飼育栽培設備も整っています。 本校は、へき地1級校の指定を受けています。児童数減少にともない、平成8年度より複式学級が開始されました。今年度は入学児童が5名おり児童数は15名となったが、内5名は小規模特認校制度を利用して市内からバスで登校してきています。第3・4学年と第5・6学年を複式学級で、第1学年を単学級で編成しています。その他にも、移動教室やサタデーオープンスクール等の活動が、本校校舎を利用して実施されています。 児童は、素朴で仲良く助け合って生活をし、物事を率直に受けとめよく働きます。上級生は下級生の面倒をよく見るが、自己主張したり自分の判断で行動したりする面に弱さも見られます。ここ数年「自分の考えを伝え合うこと」を重視した教育によって、少しずつ主体性をもった行動が見られるようになってきました。また、全校での活動を通して上級生としての自覚が生まれたり、下級生は上級生を目標として努力したりと、小規模校ならではの良さが見え始めています。しかし、さらに大きな集団の中で力を発揮できる強さを育てることが大きな課題と捉え、校内研修のテーマに加え、全校体制で解決に向けた取り組みをしていきたいと考えています。 

島田市立伊久美小学校
〒427-0232
静岡県島田市伊久美3690番地の1 
TEL 0547-39-0033

このページの先頭へ

月別ページ一覧

カレンダー

2024年2月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 1 2
3 4 5 6 7 8 9